ウコンの種類|摂取する際の注意点と副作用のリスク

女性

認知症を予防しよう

男性

認知症について正しい知識を持つということは、視野が広がって認知症の方への配慮も今まで以上に行えますし、認知症予防対策にも繋がります。現在の日本では、大体65歳以上の4人の1人が認知症や、認知症予備軍となっています。認知症の主な症状として、記憶障害があげられます。初期症状の段階で見られることが多く、記憶を格納している脳の一部が萎縮することによって、短い記憶などが困難になり、直近の出来事を記憶しておくことが出来なくなります。次に見当識障害があります。今日が何月何日がわからなくなったり、自分の年齢を思い出せなくなったりなどの時間の見当識や、今いる場所の認識が行なえない場所の見当識などがあげられます。また、症状が悪化していくと、寝たきりになってしまう場合もあります。上にあげたような症状は、脳の認知機能が低下してしまった人であればだれでも起こってしまう症状になります。
認知症を予防するのは様々な方法があります。食生活でも予防を行なうことが出来ます。特に和食が効果的だと言われています。和食が好まれる理由として、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸が野菜や魚に豊富に入っており、なおかつ低カロリーの料理が多いからです。次に運動でも予防することが出来ますよ。運動を行なうことで、脳の活性化に繋がることが出来ます。最初は有酸素運動を意識するのではなくて、お散歩などで1日10分ほどウォーキングするのが良いでしょう。また、このような生活習慣とあわせて、サプリメントも活用していくのが予防により効果的です。